バイアグラ

Home > 治療内容 > ED治療 > バイアグラ

レビトラ錠(20mg)の在庫が復活しましたので、処方が可能となりました。レビトラ錠の製造が中止されており、在庫が不足してきておりますが、当院では、レビトラ錠(10mg)、レビトラ錠(20mg)とも処方が可能です。

バイアグラは製薬メーカーであるファイザーが開発した世界的に有名なED治療薬です。日本では1999年に厚生労働省によりバイアグラが認可されました。バイアグラはホスホジエステラーゼ‐5という酵素の働きを抑えて海綿体の平滑筋を弛緩させます。この薬理作用により海綿体への血流量が増加して勃起が起こりやすくなります。バイアグラの効果は内服後30分から 1時間位たって出現し、その後3?4時間持続しますが、勃起自体は性的刺激がないと反応しません。なおバイアグラの使用にあたっては医師の処方が必要となります。

バイアグラの飲み方

  • バイアグラは飲んで30分から1時間程度で効きはじめ、3~4時間程度作用します。
  • バイアグラは食後に飲むと効果が遅く、うすいので空腹時に飲むか、もしくは食後1時間以上あけて飲んで下さい。
  • バイアグラは飲むだけでは勃起はしません。内服後に性的刺激を受けて勃起します。
  • バイアグラを使用することにより射精感が戻り、早漏防止の効果があります。

バイアグラの副作用

バイアグラを服用すると、顔のほてり、鼻づまりが割に多くみられます。 
その他は頭痛、胸やけ、色覚変化などが時々ありますがどれも一時的なものです。
バイアグラは、薬事法で「医師の処方を受けたもの以外に販売することはできない」と法律で定められているのです。個人輸入品など、医師の処方なしでバイアグラを使用してトラブルになったケースが報道等で見受けられます。

バイアグラが処方できない場合

バイアグラは安全性の高い薬品ですが、併用禁忌の薬品もありますので、必ず医師の処方を受けてください。
未成年者も処方できません。
*併用禁忌薬が多いので、他人にもらったりした医師の処方以外のバイアグラを安易に服用することはとても危険です。

バイアグラの処方について

当院では、現在バイアグラの処方を行っておりません。バイアグラのジェネリック薬であるシルデナフィル錠をお勧めしております。